Eagle Eye Firmware 3.0登場!

Penguin Unitedの製品 Eagle Eye Converterのフォームウェアが3.0に更新されました。
主な更新点は

・ADS(スコープモード)の追加、通常時と別で設定可能
特定のボタンを押している間だけ効果が出る、どのような動きにするかは設定次第。

・最高速度-Rotation Speed Limit-(スティックの傾き)の制限を掛けれるようになった。
ゲーム内の加速度を限界まで上げて、速度制限を掛ければPCに近い形になるかもしれない。

・斜め入力時に設定した値だけYの動きを切り捨てられるようになった。

・デットゾーンの設定を5つの方向に出来るようになった。

・win64bitでも設定できるようになった(未確認)


今回はなんと言ってもADSと最高速度設定でしょう。
ADSはキー設定は変えられませんが、AIMの速度などを通常時と分けて設定でき
通常より遅くしたり、速くしたり出来ます。

最高速度設定は、ゲーム内の照準速度が速い場合PCに近い挙動ができると思われますが、
MAGなどもともと低速の場合は最高値固定が安定すると思われます。


VerUPすると本体のコンフィングデータが消えてしまうので、予めバックアップを取っておきましょう。
スタートボタン暴発バグの改善は未確認ですが、
ポジティブな方向へ進化したFWでしょう。

http://www.penguinunited.com/?page_id=227

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック