アクセスカウンタ

<<  2018年12月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


戦うぞ!64xその38(オブジェクトイベント実装)

2018/12/30 07:16
画像



以下の要素を実装。そしてエディタから配置できるように。

・オブジェクト(箪笥など移動不可領域)
・オブジェクトイベント(扉や宝箱などイベントが発生するもの)

扉への衝突処理と解錠・解放処理は実装完了。やったね。



それぞれエディタが仮のまま(オブジェクトに関しては選択すらできないし、そもそも画像自体なくて作れない)なので、
最優先でくみ上げる事。いいね?

なお、オブジェクトイベントの管理は構造体listで行っている。
初心者にはまったくもって厳しいもので、実装できてはいるが
増減処理が楽でメモリ的には省スペース(コード的には・・・駄目みたいですね)

現時点でメモリ250M。CPU8%(奇数算出を余り(%)ではなく二進数(&)で調べるようになってかなり軽くなった)
がつがつメモリを占有できると言えば出来るのだが・・・悩みどころである。
当社調べながら、Elonaはメモリ70M・現環境CPU3%程度という結果になっている。
かなり今更だが3Dで作り直したり、表示方法を菱形にするなどの根本的な改善も考えている。処理の重さは単純に...困る。

3Dは一見処理が重たそうでも、レイヤーの上下関係を気にすることなく処理できるおかげで軽くなる可能性があっる。むむむ。





やるべきこと


固定NPCへの武器エディタを作る。
やっぱり固定NPCは独自の武器を持っていてほしいじゃない?

経路がややおかしいので修正する。
敵への移動経路が変なときがあるので。
見た目が変になる仕様も含めて再検討してね。

新規でゲームを始める処理を作る。
一時ファイルが何もない状態から開始しても不具合が出ないようにする事。
現状一時ファイルが欠けていると色々問題が起こる。
無から始めた際に
プレイヤー名を決めさせて、どのマップのどの座標で始めてるかを設定させるように。

枠組みは完成。多分windowsじゃないと正常に動かない。


自分への細かいバグ報告や注意喚起

扉・宝箱の設定は移動不可のみになっているので遠隔攻撃が通る。
影のレイヤーがキャラクターやオブジェクトイベントより後になっている
NPCやイベントへの衝突判定で高低差の判定がされていない

経験値加算と能力値上昇は仮実装。
ダメージを受けると受けた側、与えた側に経験値が固定で入るから範囲攻撃だとめっちゃ稼げる・・・はず。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


戦うぞ!64xその38(経験値の実装)

2018/12/16 16:28
画像


辛い処理から逃げて楽な所為をチマチマ作っています。


画像




やった事。

経験値の実装とステータス画面の項目追加
経験値パラの追加。経験値はステータスで見えるように。
現在仮実装ながら経験値加算と能力値上昇もあるよ。
ダメージを受けると受けた側、与えた側に経験値が固定で入るから範囲攻撃だとめっちゃ稼げる・・・はず。
あとで修正してね。


マップに配置される固定NPCを弄る事が出来るエディタを作る。
一時キャラクターデータを弄る事が出来るエディタを作る。
固定NPCエディタに上記コンパニオン編集や一時キャラクター情報を編集できる機能を追加する事。
済み
技やら武器とかの設定項目はまだないけど後回しでどうぞ。
マップデータのフォルダに固定NPCファイルが入っていると、マップ移動時にキャラがポップスするようになった。


コンパニオンエディタを作る。
主人公一行のデータが格納されるコンパニオンファイルを弄るためにエディタを作ってほしい。
済み。
コンパニオンエディタの実装は無し。
場のキャラクターエディタでコンパニオン枠を編集→マップ移動でコンパニオンデータが保存されるからね。

攻撃禁止・待機命令時に敵へ突っ込んでいかないようにする。
正常に動作していないので
経路がややおかしいので修正する。
敵への移動経路が変なときがあるので。
見た目が変になる仕様も含めて再検討してね。

済み
微修正。怪しい挙動も仕様ですね...新規に移動禁止命令を作りました。
待機命令処理単体では敵に向かって突っ込んでいきますが、敵をせん滅したら待機場所に戻るようにできています。


中立NPCとの接触でイベントを発生させるように
現状処理が抜け落ちているので
済み
接触ではなく隣接判定で会話していますが再実装。
高低差の判定がされていない気がするのでやっておいてね。


固定NPCへの武器エディタを作る。
やっぱり固定NPCは独自の武器を持っていてほしいじゃない?


新規でゲームを始める処理を作る。
一時ファイルが何もない状態から開始しても不具合が出ないようにする事。
現状一時ファイルが欠けていると色々問題が起こる。
無から始めた際に
プレイヤー名を決めさせて、どのマップのどの座標で始めてるかを設定させるように。

マップデータにオブジェクトを追加する。
Tip,height,skinの他にオブジェクトも追加して差し上げろ。

宝箱と扉配置モード追加
マップデータ式ではなくキャラクターデータ式で。
向きと難易度、錠の有無を構造体に。
移動可不可はマップデータのmoveで管理する。


数値入力欄などを再設計
確認窓でキャンセルするなどで下の画像(マップとか)の表示がバグる(仕様といえば仕様)
また、説明文に改行を入れてもデザインを崩さないようにしてほしいのと
確認窓自体移動できる(タイトルバードラッグで)ようにしてほしい。
書き方でわかる通り、自分でやりたくない。構想が決まっていない。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2018年12月のブログ記事  >> 

トップへ

Unkooooo 2018年12月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる